フットサルで着用するジャージの選び方

最近では、オシャレなデザインのフットサル用ジャージが増えてきました。そのデザイン性の高さは、タウンユースとしても問題なく着用できるほどです。これにより、どのジャージを選ぶべきか悩んでしまうというプレイヤーの数も、増加傾向にあります。しかし、デザインだけで選んでしまうと、プレーの際に肌と生地が擦れあって痛みを感じたり、生地が硬くて動きにくさを感じるという事になりかねません。そこで、デザインよりも、プレーしやすさを重要視して選ぶ事が、ジャージの選び方における最大のポイントとなります。それだけフットサルでは、着用しているウェアは、プレーに影響を与えるものなのです。その為、フットサルをより楽しむ為にも、快適にプレー出来るジャージを選ぶようにしましょう。

プレーを左右しかねない機能性の高さ

選び方として押さえておきたいのが、機能性の高さです。プレー中は、大量の汗をかく事になります。しかし乾きにくい生地のものを選んでしまうと、汗を吸い込んでどんどんと重くなり、走りにくくなってしまいます。これでは、快適にプレーを行うのは不可能と言えるでしょう。そこで、汗をかいてもすぐに乾きやすい生地のものを選ぶようにしましょう。すぐに乾きやすい生地ならば、どれだけ汗をかいても、重くなる心配がありません。また、元々軽量な生地ならば、多少汗を吸い込んでも、走りにくくなるという事にはなりません。そこで、生地の重さもチェックしておきましょう。このように、機能性の高さはプレーを左右する事になるので、購入前にきちんとチェックしておく事が重要になります。デザイン性よりも機能性を、重要視しましょう。

自分にピッタリのサイズかどうか

機能性と同じく、選び方として押さえておきたいのが、サイズ感です。サイズが小さすぎると、窮屈で動きにくさを感じる事があります。逆にサイズが大きすぎると、走っている時に生地の重さを感じたり、相手に掴まれやすくなってしまいます。その為、必ず自分にピッタリのサイズかどうかを、チェックするようにしましょう。中には、多少ゆとりのあるサイズの方が動きやすいと感じる方もいるでしょう。そうした方は、まずは1度試着をして、サイズ感を確かめてみて下さい。また、フィット感が高いものの場合、自分にピッタリのサイズでも、ボディラインがくっきりと出てしまう事があります。ボディラインをあまり出したくないという方は、フィット感も考慮した上で、ワンサイズ大きめのものを選ぶなどしましょう。