デザインいろいろフットサルのジャージ

フットサルは大人から子供まで楽しめるスポーツです。サッカーに似たルールですが、サッカーよりも少ない時間、少ない試合時間、かつ室内でプレイできる手軽さが人気の一因です。フットサル場も増えているため、プレイする場所に困ることも減っています。さらに大会も多く開催されていますので、チームを作って楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。大会に出る際に重要なのがチームの一体感。お揃いのユニフォームを作ることで試合の時の一体感がアップしますが、ユニフォームだけでなくジャージも揃えれば、試合前のウォーミングアップや休憩の時間までもチームの一体感をアップさせることができます。チームのイメージを左右するフットサルのジャージのデザインもいろいろ、その特徴を紹介していきます。

思いを込めたカラーでチームのイメージを作ろう!

ジャージのデザインにはまず形の違いがあります。トップスであればフルジップ、ハーフジップ、パンツであればロングタイプかハーフタイプか、といった種類です。これらは機能性に直結する部分ですので、実際に使う場面を想定しての選択が必要です。次に素材も重要な要素です。ストレッチ性の高いものや肌触りの良いもの、通気性の良いものを選べば機能性を高めることができますし、カラーが映える素材かどうかはデザイン性をも左右します。そして特に重要なのがカラー。赤なら情熱、青ならクール、イエローなら活発といったようにチームのイメージを表現できるのがカラーです。形、素材、カラーにこだわることでチームメンバーが共有するフットサルへの思いをデザインとして表現することができるのです。

オリジナルデザインでチームに更に一体感を!

オリジナリティにこだわったデザインでジャージを揃えたい場合は、オリジナルのデザインを作成することも可能です。デザインできる範囲は色やデザインの組み合わせをカタログやWebサイトで選んだり、自分たちでデザインのイメージを持ち込んだりデザイナーと相談した上で完全にオリジナルのデザインを作成したりとメーカーや商品によって様々ですが、他のチームと違うデザインはそれだけで目を引きます。同じチームであることをより明確に周囲にアピールできますし、チームの一体感も格段にアップします。さらにチーム名やチームロゴを入れる方法があります。こちらも色やデザインの組み合わせを選ぶ方法から完全にオリジナルのものを作成する方法があります。チーム名やチームロゴを入れることで、デザインをよりオリジナリティあふれるものにすることができます。